CONCEPTコンセプト

DAITOKYO&CITYは「美を愉しむ」をテーマに
老舗だからできるコト伝えられるコト
真のサービスを考えました

INFORMATION9月の定休日

3,10,11,17,18,24となります *敬老の日、秋分の日の振り替え休日の月曜日はお休みいたします

SALON3店舗のご案内

おすすめ情報

おすすめメニュー

メンズシェービング

本格メンズエステをもっと身近に……そんな想いから「男性のためのフェイシャルエステ、本格シェービング」をご提供しております。
肌や眉、ヒゲを整えることで、肌質や外見が変わり、高感度がアップ。気軽なお手入れから本格的なケアまで豊富なメンズシェービングエステメニューを取りそろえております。

レディースシェービング

女性のためのシェービングメニューを多数ご用意しております。施術は眠ってしまうほどの心地よさ。お肌にやさしい厳選した化粧品と道具で敏感肌の方でも安心してご利用いただけます。

ヘッドスパ

ヘッドスパとは、アンチエイジング、スキャルプケア、ヘアケア、リラクゼーションを兼ねそなえた、頭皮から髪のヘッドエステです。頭はもちろん、全身が活性化され、疲労や肩こりの改善にもつながります。

着付け・ヘア・メイク

冠婚葬祭や成人式、卒業式、七五三、お茶会、花火大会やお祭りなど着物を着る機会はわりと多いもの。当サロンの本格着付けは、お客様のスタイルや雰囲気に合わせて魅力的な着付けをしております。

訪問理美容サービス

高齢者や障害者の方、寝たきりの方など理美容室に来ることのできないお客様や施設担当者の方のご依頼により、ご自宅や医療機関、施設にお伺いしてカットやシェービングなどの理美容技術を行うサービスです。

店舗案内

  • Men's大東京

    男性のためのヘア&フェイシャルサロン。カットはもちろん頭皮ケアからフェイシャルエステ、本格シェービングまでメンズメニューが豊富。ジャズが流れる開放的な空間とおしゃれなメンズスタイルが自慢の老舗理容サロンです。

  • CITY美容室

    女性がくつろげるアットホームな温もりのあるサロン。ヘアはもちろん、着付けやアップスタイルが思いのままに楽しめます。クラシックが流れる落ち着いた空間で、“あなたらしい美”のお手伝いをいたします。

  • シェービングエステサロンCITY SPA

    きめ細やかなシェービングは肌質までをも変えてくれます。心地よさと素肌美を提供する女性のためのシェービングエステサロン。肌にやさしい化粧品で敏感肌の方も安心。デイリーケアからブライダルまで幅広くご利用いただけます。

DAITOKYO STORY- これまでの歩み -

OPENBarber salon DAITOKYO begins Since 1933

「理髪 大東京」の誕生

昭和8(1933)年12月21日 祐天寺駅前に理髪店を開店。技術者5名 カット椅子5台。この年は、大東京の記念すべき第一歩となる。

店名由来 ー 荏原郡目黒町だった目黒が、この年東京市と市外の渋谷・世田谷・大森・練馬・江戸川等が編入され23区と大きくなり、東京都を「大東京」と呼ぶようになった。それを記念し、店名は大きい方がいいので「大東京」とした。

1930’sTokyo's first attempt ''MORNING SERVICE''

東京初の試み モーニングサービス

昭和9(1933)年夏、モーニングサービス開始。モーニング服を着た理容師が、氷柱の立つ店内で早朝の涼しいうちに清涼高級化粧品を使い心地よく涼しくなって頂くサービス。

開店1周年記念に屋上に万国旗とサイレン、スピーカーを付け、朝、昼、3時、6時に駅に向かっていろいろと放送した。そしてサイレンと共に大東京は有名になった。

1940’slndustry's first retractable spampoo stand and the beginning of the Greater East Asia War

業界初の収納式前流しを発明 そして大東亜戦争へ

業界初の収納式前流しを発明し、開店当時から設置。さらに進化させ、昭和16(1941)年お店の大改造ともに新しい収納式前流しの設備を整え、椅子9台にした。技術者7名。年配のお客様に「お店の椅子を10台にしたいのですよ」とお話したところ「9台にしなさい。(10台にすると)10は満つるので満ちたものはかける」と教えてくれたので9台にした。

昭和16年12月8日大東亜戦争がはじまり、男子は戦地へ……。軍需工場へ徴用されて店員は1人も居なくなり、店主ひとりとなった。昭和19(1944)年春ごろから空襲がたまにあるようになった。灯火管制で住宅もお店も夜は灯がつけられず、お店は黒いのカーテンを張って営業した。

1950’sOvercoming the confusion after the end of the war, the beginning of the Barber salon DAITOKYO advancement attack

終戦後の混乱を乗り越えて、理髪大東京大進撃のはじまり

終戦をむかえた。
ーまずは生きること。家とお店がなくては資金が稼げないー

昭和21(1946)年2月末にバラックのお店をやっと開業できた。その時の椅子は5台。戦争で10年後戻りした。そして昭和26(1951)年本建築の許可が下り、椅子9台のお店となった。東京で1番の大店舗となる。

昭和32(1957)年東急東横線武蔵小杉に支店武蔵小杉店、翌1958年には国鉄南武線武蔵新城に支店武蔵新城店を開店させる。本店の祐天寺店も昭和33(1958)年に外装をして全面総ガラスにしてお店の雰囲気を一新させた。

1960-70’sThe barber industry's first air conditioner with well-equipped salon

理美容界初の完全冷房完備の整ったサロン

昭和34(1959)年冷房を取り入れた。この頃冷房が入っているのはデパートぐらいで理髪店や喫茶店ではまだ初めてのことだった。さあ大変なことが起こった。翌年に氷山の一角に立つという大東京の『完全冷房』の広告チラシを3万枚新聞折り込みしたところ、お客様が毎日待合室に入りきれないほど来て、2時間くらいは平気で待って、大繁盛した。

昭和42(1967)年理髪大東京の外観と店内をリニューアル。また宣伝、広告の偉大さを知った。戦前から行っていた駅の野立看板を日吉までに6ヶ所出し、それからチラシ、新聞折り込みを年3回から4回。1回で2~3万枚(西小山から三宿方面まで)出した。理髪大東京をアピールし続けた。

1980’sYutenji Main Store Newly Built and CITY Beauty Salon OPEN

祐天寺本店新築ビルそしてCITY美容室OPENへ

昭和59(1984)年祐天寺本店の古いお店を33年振りに新築ビルに建て替えた。店名も「理髪大東京」から「ヘアーサロン大東京」にし、昭和8年の開店日と同じ12月21日にリニューアルオープンした。この時、理容椅子9台、技術者11名。

昭和60(1985)年にCITY美容室をオープンさせる。ヘアビジネスという考えから、トータル的にヘアをプロデュースしなくてはいけない。理容だけに固執しないためにと、ヘアーサロン大東京2階に美容室をオープンさせた。

1990-2000’sBarber and Beauty salon interior, newly established CITY beauty salon with esthetic room

理美容室内装、新たにCITY美容室にエステ室を併設

平成10(1998)年CITY美容室内装。やさしくアットホームな雰囲気にサロン内を一新。平成11(1999)年ヘアーサロン大東京内装。1台ゆとりスペースをつくり、理容椅子9台に。車椅子のお客様もカットも出来るように、バリアフリースペースをつくる。

トータルビューティーの考えが広がり、お客様から「美容室でもお顔を剃れないの?」と言うお声を頂き、平成12(2000)年にお顔剃りが出来る個室のエステ室を併設させる。他のお客様から見えないように個室にて、お客様に大変喜ばれた。

2010’s80 years loved by customers and staff

お客様とスタッフに愛された80年

平成25(2013)年12月21日に開店80周年を迎えました。Men's大東京は親子何世代にも渡り足を運んでいただき、愛されているサロンです。「ありがとう」を伝えたいから……「私たちが出来ること」を与えたい”すべてはお客様のために”を信条にやっていきたい。

また、スタッフにも恵まれました。大東京で技術を学び、洗練されたスタッフ100名以上が、今もなお大東京の技術と精神を受け継ぎ全国で活躍しています。

TODAY New approach of Barber DAITOKYO

大東京の新しい取り組み

3代目の大東京の新しい取り組みは、①男性にさらに特化したサロン Men's大東京へ ②女性お顔そり専門店オープン ③訪問理美容開始

①メンズシェービング・メンズエステの充実化 男の肌に最高級のシェービングケア 本格メンズエステやヘッドスパを導入。HOT SHOP BARBERとして人気に。

②シェービングメニューを数多く取り揃えた、より美しくなりたい女性のために「シェービングエステサロン CITY SPA」をオープンさせる。お顔剃りにだけにとどまらず、ボディーシェービングやエステメニューを加え、ブライダルからデイリーケアまで、幅広く対応したメニューが人気を呼んでいる。

③高齢化社会が進むなか、理美容界にもシニア年齢層の利用者が増加傾向にあります。そこで大東京は「おうちdeサロン」と題して訪問理美容の活動を始め大変喜ばれています。

初代の不言実行の精神と大東京の理念でもある「すべてお客様の為に」「親切、丁寧、笑顔、迅速」の言葉を胸に、理容、美容の垣根を払い、古きよき伝統を大切にしながらも、常に新しいサービスに目を向ける姿勢は、今と昔も変わらず、お客様に喜ばれ、次の世代へと受け継がれています。

スタッフ募集

私たちと「やりがい」のある仕事をしてみませんか?
DAITOKYO&CITYでは共に働く仲間を募集しています。

詳しく見る

大東京の歴史

1933年創業 開店から現在までの
DAITOKYO&CITYの歩みをまとめております。

詳しく見る

アクセスのご案内

東横線「祐天寺」駅徒歩1分

定休日カレンダー

« 2018年9月»
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

定休日 臨時休業

月曜、第2・3火曜、1月1~3日定休

営業時間はこちら